見えないものが見える

レントゲン撮影では平面の確認が出来ましたが、CTは歯や顎の内部構造などが3次元的になり、骨の厚み、幅、歯の根状態、歯周病の進行具合を精密に正確な診断が出来るようになりましたので、より一層リアルに見えます。

わからなかったものがわかる

歯、顎だけではなく、鼻孔、上顎洞など鼻の形態、耳の形態、病巣などを立体(3次元的)に確認でき、隣接医療のことも把握できます。

治療の安全性が広がる

抜歯するか否かの客観的な診断、虫歯治療、腫瘍(口腔癌)の発見、根管治療、親知らずなどの治療に応用し治療を幅広く正確な審査、診断ができ治療の安全性が確保できます。

CTがある歯科医療メリット

従来の大学病院などしかなかった歯科用CTですが、最先端技術の導入でわざわざ大学病院へ撮影に足を運ぶことなく、その場でかかりつけ歯科医院で審査、診断、治療を受けることができます。

【関連記事】





電話予約 03-5634-6400
電話予約受付時間:10時~20時