当院は、虫歯をむやみに抜かず、患者様の歯を残すことを優先します。
インプラント以外の診断、治療、サポートをします。

CT撮影..3次元(3D)診断

インプラント治療にはより正確で精密な診断を行うために、CTによる撮影が重要です。

CT撮影は、目的の部位を水平・垂直・斜めと3次元に表示します。

3次元での表示により、周囲の歯、骨の状態を科学的根拠に基づいた診断が出来きます。

そういったデータを基にインプラント治療が必要かどうかを判断します。

参考記事:歯科用CTを完備。CTがあると何が違うのか?

インプラントをしないための根管治療(歯を残す根管治療)

虫歯が進行した歯でもしっかり治療を行えば抜かずに自分の歯を残す事ができます。

インプラント治療を悩んでいる方に総合的に解決、診断して、歯が残っているにもかかわらず抜歯を安易にするのではなく、自分の歯を残す根管治療を行います。

参考記事:根管治療とは歯をなるべく抜かずに保存する為に行う治療法

症例

3次元的根管治療

保存しにくいといわれた歯 → 3次元的根管治療して保存できた歯

画像img_imprant

歯の治療にはいくつかの選択肢があります。
「この症例にはインプラント以外には選択肢はありません」というケースはなどは一つもありません。どの症例にも複数の選択肢があります。

インプラントは悪い治療ではありません。
当院は、患者様にどんな治療が必要か適切な診断を行い、インプラント治療が選択肢となった場合は、信頼できる大学病院インプラント科、インプラント専門医を紹介しております。

【関連記事】




電話予約 03-5634-6400
電話予約受付時間:10時~20時