東陽町歯科医院

最新の目立たない入れ歯

最新の目立たない入れ歯

部分入れ歯で悩んでいませんか

部分入れ歯の最大の弱点は、見た目ではないでしょうか。

針金の金属部分が目立つため、部分入れ歯をしていることが気づかれるケースがあるのです。

当院にも次のような部分入れ歯の悩みを訴える患者様が多いです

部分入れ歯の悩み

金属のバネが見えるから笑えない
金属アレルギーがあるため装着できない
入れ歯を装着すると見た目が不自然
入れ歯が厚く重いため違和感がある
食べ物が噛みにくいし挟まりやすい
入れ歯がズレる
話しにくい

このような悩みを解消してくれる次世代の部分入れ歯が、商品化されています。
最新の部分入れ歯とはいったいどのようなものでしょうか。

2つの最新部分入れ歯

バルブラスト

通常の部分入れ歯とバルブラストの画像を用意しましたので、さっそく比較してみましょう。

部分入れ歯の画像

通常の部分入れ歯これは、通常のバネを使用した入れ歯です。

現在部分入れ歯を使用している人は、ほとんどがこのタイプになります。

バネの金属がハッキリと確認できますので、入れ歯をしていることが他人からも認識できます。

このバネが見えることにより、口を開けて笑うことができなくなる人もいます。

バルブラストの画像

バルブラストどうでしょうか?
バネがありませんね。
これなら話し合い相手に、部分入れ歯を装着していることが気づかれません。

針金(バネ)を使用せず、弾力のある樹脂で歯茎を維持するため、歯に負担をかけません。

この素材は、やわらかく薄く作成しますので、お口の中の違和感を軽減します。

審美的な入れ歯のため、入れ歯をしていることが他の人にも気づかれにくいのは、とても嬉しいですね。

証明書画像

実はバルブラストは類似品が出回っており注意が必要です。
本物にはこのような証明書が発行されます。

メタルフリーデンチャ

入れ歯の土台と針金(バネ)を透明な樹脂で製作した審美性の高い最新の入れ歯です。
金属アレルギーの方でも安心してご使用いただけます。
色々な角度からご覧いただけるように、メタルフリーデンチャの画像は4枚ご用意しました。
どの角度から見ても素晴らしい審美性を確保しています。
メタルフリーデンチャ


バルブラストやメタルフリーデンチャなどの目立たない入れ歯の特徴

バルブラストやメタルフリーデンチャの特徴をまとめてみました。
通常の金属バネがある部分入れ歯を装着すると、日常生活で様々な支障をきたすことがありますが、最新の入れ歯はそういったネガティブなポイントが、改善されていることも注目されています。

10の特徴

1.入れ歯を薄く製作できるため違和感が少ない。
2.透明のバネを使用するため目立ちにくいです。
3.金属アレルギーでも問題ない。
4.入れ歯の素材が汚れや臭いがつきにくい。
5.軽く弾力のある素材を使用。
6.食物が挟まりにくい。
7.インプラントやブリッジをしたくない人の選択肢となる
8.発音もしやすくなる
9.無味無臭
10.フィット館や舌感がいい

最新の目立たない入れ歯に変える理由は患者様によって様々ですが、共通することはなんと言っても自然な笑顔をとり戻せることです。
自信を持って笑うことは、日常生活を豊かにするかです。
また、ブリッジは歯を削る必要がありますが、バルブラストやメタルフリーデンチャはその必要がありません。

もし、現在の使用している部分入れ歯に不満があったり、ブリッジやインプラントの使用を避けたい方は、見た目の良く装着感が快適な部分入れ歯を検討してみてはいかがでしょうか。

電話予約 ネット予約

治療

歯が折れた

歯が折れた

柔道、相撲、野球、サッカー、ラグビー、アメフトなどのスポーツは、練習や試合中に歯が折れたり欠けたりする可能性が...
電話予約 ネット予約

最近の投稿

More