患者様とのお約束

当院では患者様に衛生的で安全な治療を提供するため、治療に使用した全ての器具の滅菌を患者様ひとりひとりに対して徹底しております。

院内感染予防への取り組み

img_hyg2十分な滅菌・消毒・ディスポ(使い捨て)製品の導入など安心安全な歯科治療のために院内感染予防にも取り組んでいます。

衛生管理方法

当院の衛生管理は東京都でもトップクラスを誇ります。
歯科医院で重要な衛生管理とは洗浄と滅菌です。

滅菌とは

全ての細菌、ウィルスを死滅させて完全に除去し無菌状態を作ることです。
当院は、全ての器具を安心して患者様の口の中に入れることができる安全な治療を行います。
全ての器具の衛生管理を徹底することで院内感染を完全に防止することが可能となり、患者様は安心して診療を受けることがきます。
歯科医院の衛生管理は器具の洗浄と滅菌の方法によってその優劣が決まります。
では実際の衛生管理方法はどのようなものでしょうか。画像と一緒にご紹介します。

医療器具は大きく2つに分かれます

<口内に触れる器具>
タービン・コントラハンドピース・超音波スケーラー、バキュームジョイント、3WAYシリンジ

<身体に触れる器具>
使い捨てエプロン、エプロンホルダー、照明の取手

器具はその種類によって洗浄と滅菌を行うものと滅菌だけを行うものに分かれます。
洗浄することが出来ない器具があるからです。

洗浄&滅菌

もっとも一般的な洗浄機は超音波洗浄機です。
超音波洗浄機は、ほとんどの歯医医院が使用していますので珍しいものではありません。タービン・コントラハンドピース・超音波スケーラーのチップ(先端の部分)を超音波洗浄機で洗浄します。洗浄後に滅菌機で徹底期に滅菌します。


ここからは、洗浄機が水洗いするタイプと水洗いしないタイプをご紹介します。

水洗いが出来る器具の洗浄機

水洗いが可能な器具は、食器洗浄機のような洗浄機で丸洗いします。
手洗いだと雑菌が残る可能性がありますので、当院では専用の洗浄機を使っています。

水洗いが出来ない器具の洗浄機

水洗いをしない器具、例えばタービンヘッド・コントラハンドピース・超音波スケーラーの本体部分は専用の洗浄機が必要になります。
当院では、タービン・コントラハンドピース・超音波スケーラーの本体部分は洗浄後に滅菌機を使って滅菌します。

滅菌のみ

バキュームジョイント、3WAYシリンジのような洗浄が出来ない器具は滅菌のみ行います。
先端が外れるタイプ器具を使うことにより徹底した滅菌が可能となります。
東陽歯科医院は、照明の取手も滅菌します。

実は照明の取手を滅菌のために外すことができる照明器具というのは非常に稀です。当院は照明の取手を外せるタイプを採用しており、徹底した滅菌を行っております。
照明の取手は医師や歯科衛生士が触れますので、滅菌が必要だと考えているからです。
エプロンホルダーも必ず滅菌します。当院では細かい器具まで徹底して滅菌することで衛生環境を保っています。

廃棄処分するもの

エプロン、コップ、グローブ、注射針などはディスポーザルタイプの使用していますので、1回使用したら廃棄処分します。また滅菌した器具は保管シートに包んでおくのですが、そのシートも1回使用したら廃棄処分します。

2つの滅菌機

通常歯科医院では滅菌機は1つだけ所有しています。しかし、当院では滅菌機を2つ所有しフル稼働させています。
滅菌機は滅菌が完了するまで30分以上の時間が必要になります。当院ではあるゆものを滅菌しますので1つだけでは時間が足りないのです。

口腔外バキューム

口腔外バキュームは診断室の浮遊物や歯の削りカスなどを患者様の口元で吸引することによって診察室の空気をクリーンにし清潔に保つことが可能となり患者様の健康を守ります。

床の除菌・抗菌・清掃

確実な院内感染予防のため、定期的に除菌抗菌清掃をしています。
歯科医院専門清掃のスペシャリストの技術を迎え入れております。
使用している清掃用具は、厚生労働大臣認可の検査機関で細菌の除去率99%の効果が認められている特殊な器具を使用しています。
医療機関向けに開発された抗菌剤配合のワックスなどを使用し、院内の衛生管理を徹底しています。

医療従事者の患者さんが多い理由

当院の衛生管理は都内トップクラスです。
患者さんに医師、薬剤師、歯科衛生士などの医療従事者が多くいるのは、この徹底した衛生管理が医療従事者の間に伝わっているからです。

【関連記事】




電話予約 03-5634-6400
電話予約受付時間:10時~20時