東陽町歯科医院

歯列矯正中の虫歯治療

歯列矯正中の虫歯治療

矯正治療中はブラケット、針金(ワイヤー)などの矯正装置があるため虫歯の確実な診断が必要です。

その虫歯は削る必要があるか

その虫歯が着色だけかエクスプローラーなどを特殊器具を使って虫歯の表面をチェックします。
虫歯がC0~C1ぐらいなら、なるべく削らずにホームケア・オフィスケア・フッ素ケアで対処します。

確実にチェック

当院の虫歯検査機、デジタルレントゲン、ダイヤグノデントペンという特殊なレーザー光線を照射して痛みもなく、虫歯の進行状況を確実にチェックします。

もし虫歯の必要性があるなら

矯正器具があるため、特殊な虫歯治療器や材料を使って処置します。

虫歯治療後

ブラッシングなどホームケア・オフィスチェアを必ず行い、矯正治療中は虫歯になりやすいので再度虫歯にならないようにします。

【関連記事】








電話予約 ネット予約

治療

歯が折れた

歯が折れた

柔道、相撲、野球、サッカー、ラグビー、アメフトなどのスポーツは、練習や試合中に歯が折れたり欠けたりする可能性が...
無痛治療

無痛治療

目次1 虫歯のチェック2 歯の痛みをチェック3 麻酔薬と極細針4 2つの注射器5 治療機器6 コンタクトゲージ...
歯周病治療

歯周病治療

位相差顕微鏡 ご自分の目で見て、虫歯や歯周病の原因菌をチェックしてみませんか? 東陽町歯科医院では、位相差顕微...
電話予約 ネット予約