東陽町歯科医院

食事が美味しくなる義歯があるって本当?

食事が美味しくなる義歯があるって本当?

食事の楽しみがよみがえる入れ歯

食事中にに熱いものは熱い、冷たいものは冷たいと味を感じる入れ歯が欲しいという声によって開発された入れ歯があります。

この入れ歯の最大の特徴は、特殊な薄い金属を使用していること。

金属には、目に見えないミクロ穴があります。

その穴が食事中に唾液や食べ物の味、食べ物の温度などをしっかりと浸透。

それにより、通常の入れ歯よりも美味しい食事を楽しむことができるのです。

美味しいという喜びを取り戻す画期的入れ歯です。

画像で確認しましょう

  • Slide image
  • Slide image

温度がリアルに伝わる喜び

味覚は舌だけで感じるわけではありません。
上あごに分布している味蕾(みらい)と呼ばれる感覚器官があり、味覚を感じることができます。

一般的な入れ歯は、その場所(味蕾)を覆うようにできているため味を感じにくくなってしまうのです。

しかし、この特殊な義歯は、水分を通すように作られているため、上あごに食事中のうまみ成分を味蕾に届けることができます。

そのため、義歯を装着していても食物の味を感じ取れることができるのです。

もちろん熱い冷たいといった温度がリアルに伝わりますので、コーヒーや紅茶、お茶、ジュースが美味しく感じられます。

多孔質のため酸素を供給しますので、口の中の粘膜面にやさしいため、健康な歯肉になることが多いです。