東陽町歯科医院

歯肉退縮

歯肉退縮

歯肉退縮とは

歯周組織、特に歯肉が退縮して歯根が露出した状態のことです。
歯肉退縮はゆっくりと進むので、多くの人が気がつくことがない口腔内の病気です。

歯肉退縮の原因は

ブラッシング

長時間のブラッシングや強いブラッシング、また歯ブラシの毛先を間違えてあてているなどで歯肉が退縮します。

ホルモン

思春期や更年期、妊娠中などホルモンバランスの変化により退縮することがあります。

歯周病

歯周病は、歯肉、歯根膜、歯槽骨といった歯の周囲組織に炎症が起こる病気です。
歯を支えている骨を破壊し、歯肉も一緒に炎症を起こして歯肉退縮していきます。

喫煙

タバコの成分にあるニコチン・タールなどの化学物質が、口腔内の血液循環障害を起こし、歯肉が腫脹や発赤、退縮していきます。

歯並び

歯が噛み合っていないと、過度の力で歯周組織に負担がかかり、歯肉や歯槽骨に炎症を起こし歯肉退縮していきます。

歯に力が異常にかかる場合

歯ぎしり、食いしばりなどの噛む力が一部の歯だけに大きくかかり、歯肉や歯槽骨が炎症を起こして歯肉退縮していきます。

歯肉退縮の症状

歯根が露出します

歯根が露出することによって歯がしみるようになり、場合によっては痛み症状がでます。

歯がグラグラする

歯肉が退縮することによって、歯周組織が炎症を起こし歯がグラグラします。

歯が浮いた感じがする

歯肉が退縮すると、歯槽骨が吸収されて歯を支えている骨が破壊されます。
そうすると歯が歯肉のみに付着した状態になります。

歯が長く見えます

歯肉が退縮すると、通常はエナメル質のみしか見えない状態がセメント質まで露出するため、歯が長く見えます。