原因

①ほっぺたのたるみ
口腔内の頬水分膜が歯の方向に増量してきたため、体質的に噛みやすくなってしまいます。

②ストレス
ストレスなどの要因で「口の中を噛む」習慣が原因の場合があります。

③疲れ
表情筋が疲れてくると口や舌の動きがうまく動かせなくなり、日常の食事で思い通りの動きができなくなるため、思わず噛んでしまうことがあります。

④噛み合わせ
虫歯や歯の欠損、親知らずがあると口の中を噛んでしまいます。
日常的に噛む方は歯並びや補綴物(銀歯)、義歯の不良で頬粘膜の内側を噛んでしまうことがあります。

対処は

①噛んで口内炎ができた場合
 ⑴患部に口内炎用のお薬を塗布
 ⑵刺激性の食べ物を避けましょう
 ⑶日常生活でビタミンA, B 2、 B 6、 C を積極的にとり食生活でバランスの良い食事をとりましょう。
 ⑷口腔内を清潔な状態にして雑菌の侵入を防ぎ、必要に応じてうがいをしましょう。

②ストレスや疲れがある場合
食生活を整えてバランスの良い食事を摂り、ストレスを除去して自分ができることを楽しんで良く睡眠をとることを心がけましょう。

③ほっぺたのたるみの場合
リラックスしてよく睡眠をとり、食生活のバランスを整え表情筋のセルフマッサージをしていきましょう。

④噛み合わせの場合
歯科医院でデジタルレントゲンや口腔内写真、オクルージョンファイルなどを使って診査し原因としている患部を処置していきます。

電話予約 03-5634-6400
電話予約受付時間:10時~20時