ウイルス感染の予防は手洗い・うがい・お口のケア

ウイルス感染の予防は手洗い・うがい・お口のケア

口腔内の細菌が原因で全身の病気の引き金になります。
そして口腔内の環境を健康な状態に改善することは、病気の予防に繋がります。

この事はテレビなどのメディアなどでよく紹介されていますので、ご存知だと思います。

実はウイルス感染の予防にもブラッシングや歯周病などの口腔ケアをすることで感染を軽減できる可能性があるのです。

お口の環境で免疫力が低下

お口は、食べ物や細菌、ウイルスなど異物が体内に入ってくる最初の入り口です。

口の中が不衛生になると細菌が増加して粘膜の防衛機能が低下していきます。
また、虫歯や歯周病になると細菌の力が強まり免疫力が低下します。

日常生活の改善

免疫力を高めるためには、ストレスを軽減したり、十分な睡眠をとり適度な運動を行うことが必要です。
そういった日常生活の改善が、口腔内の状態を健康にして免疫力を高めることにつながるのです。

歯磨きの重要性

日常生活を改善し免疫力を高めても、お口の中が不衛生だとウイルス感染しやすい状態になってしまいます。
それは、歯磨きをしていないと口の中の細菌が増加することが原因です。
細菌から”プロテアーゼ”という酵素が出てウイルスが侵入しやすい状態になるのです。

ですから、きちんとブラッシングをして歯の汚れ、プラーク、細菌を取り除いて口腔環境を清潔な状態にすれば、ウイルス感染予防につなげましょう。

プロフェッショナルケア

現在、新型コロナウイルスの影響で自宅に滞在している時間が増えていますので、ブラッシングなどの口腔ケアの時間を増やしてみてはいかがでしょうか。

ブラッシングでは取りきれない細菌、プラーク、歯石などは、歯科医院に行ってプロフェッショナルケアを受けることで、お口の中をとても清潔な状態に保つことができます。

是非、お近くの歯科医院でプロフェッショナルケアを受けてみてください。