年に1〜2回はオフィスケアや健康診断を受けて、歯と口の健康を保つために虫歯や歯周病、粘膜疾患などの病気をチェックしましょう。

虫歯のチェック
歯に穴が空いていなくても安心できません。
歯と銀歯の隙間や歯と歯の間の隠れ虫歯があるからです。
歯科検診を行なうことで虫歯の早期発見と早期治療を行なうことができるのです。

歯肉のチェック
歯周病になりやすい人のために歯周ポケットのチェックや歯垢の染め出し液による汚れチェックをおこないます。

口の中の粘膜疾患のチェック
口腔粘膜の異常を口腔外科専門医の経験でチェックを行います 。

歯科に関わる疾患のチェック
股関節の痛みや 噛む痛み、開ける痛み、飲み込む痛み、唇の腫れや痛み、口内炎、味覚異常などをチェックします。