定期検診って

歯科の定期検診は、自分の歯がいつまでも虫歯もなく、歯周病も未然に防ぎ、綺麗で健康に保つために行います。

定期検診で行うこと

1.虫歯のチェック
2.歯周病のチェック
3.粘膜疾患のチェック
4.噛み合わせのチェック
5.歯ブラシの状況チェック
6.詰め物のチェック
7.歯ぎしりのチェック
8.ブリッジのチェック
9.義歯のチェック
10.マウスピースのチェック
このようなチェックを行い必要に応じて予防指導や患者様に確認して治療処置します。

定期検診の時期

定期検診対は、お子様や学生、社会人また妊娠中などの人が対象となります。
定期検診の時期は、虫歯や歯周病疾患などの状況により検査する環境状況が違うため、当医院では3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月と定期健診の時期をお伝えしております。

定期検診の重要性

定期検診をすることによって疾病の早期発見につながります。
早期発見することによって虫歯などは最小限に削ることで済みます。
また歯周病などは悪化する前に軽症な段階で処置することができます。
早期発見早期治療は、治療費を安く抑えることにつながります。

医師やスタッフと定期検診することによってコミュニケーションが活発になり、信頼関係が生まれて患者様が安心して処置を受けることができるようになります。
定期検診でオフィスケア、ご自宅でホームケアを行うことで虫歯や歯周病などを防ぎ、健康で綺麗な歯を維持することが可能になります。

定期検診の費用は

健康保険適応内で検診を行いますので、必ず健康保険証をご持参ください。