歯科医院の衛生管理状態についてメディアで取り上げられています。
2014年5月18日の読売新聞で衛生管理についての記事が掲載されましたので紹介します。

歯削る機器7割使い回し
感染研調査 滅菌せず院内感染懸念

歯を削る医療機器を滅菌する使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染研究所などの研究班の調査で分かった。
患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するように呼びかけている。
調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。
歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため唾液や血液が付着しやすい。
標準的な院内感染対策を示した日本医師会医学会の指針は、使用後は高温で滅菌した機器と交換するように定めている。
調査は特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。
2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た。
滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者毎に必ず交換」との回答は34%だった。
一方「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合は交換」は35%で計66%で適切に交換しておらず。指針を逸脱していた。
別の県でも同じ調査を2007年~2013年に4回行い、使い回しは平均71%だった。
研究班によると、多くの歯科では人手や費用がかかり、簡単な消毒や洗浄しただけで繰り返し使っているとみられる。
厚生労働省によると、歯科での院内感染は原因の特定が難しく、国内で明らかになった例はない。
感染症に詳しい浜松医療センターは「簡単な消毒では機器を介して患者に感染する恐れのあるウィルスもある。十分な院内感染対策を取って欲しい」と話している。

記事はコチラからご覧いただけます
>>記事PDF