歯が痛い(虫歯の痛み)応用編

自分でできる応急処置とは

①自分の体に合う鎮痛剤を飲んで痛みを和らげます
②痛みのある虫歯に直接塗るタイプの薬や胃腸薬を塗布します。
気をつけなくてはいけないことは、虫歯が小さい場合には効果がありますが、大きい場合は虫歯が根の方にまで感染していて、フタや薬を塗布することで余計に痛みが発生することがあります。
③患部の周囲を濡れたタオルや冷えピタシートなどで歯の痛みを和らげることができます。
④患部にプラークや食べカスなどがあり、それがフタの役割になって圧がかかり痛みを生じる場合があります。
そいう時は優しくブラッシングやフロスシングをして口をよくゆすいでください。
患部を楊枝などで刺激すると痛みを発生する可能性があります。
⑤うがいをする
温めた塩水でうがいをすると一時的に痛みを軽減します。
⑥虫歯の痛みの効果があるツボ
⑴歯痛点

⑵合谷

左右交互にゆっくり指で押すことによって痛みを和らげます。

歯が痛い時にやってはいけないことは

①運動はしないでください。
②入浴はしないでください。※シャワーなら比較的大丈夫です。
③アルコールは飲まないでください。
④タバコを吸わないで下さい。
これらは体温が上がり体の血液の循環が良くなり歯の神経を圧迫して痛みが起きることがあります。
⑤患部をあたためないでください。
⑥患部を直接触らないでください。

我慢して歯が痛いのを放置すると

歯の痛みの原因が虫歯で、その虫歯を放置すると歯の原型がなくなり、銀歯の治療になってしまいます。
進行が進むと歯の根の治療になります。
また放置すると細菌が顎の骨まで炎症を起こし、歯肉を腫れさせ顔を腫れ上がらせます。
場合によっては細菌が血管を通って脳や心臓に到達すると、脳梗塞や心内膜炎などを起こし全身に影響を与えます。
虫歯一本と思いがちですが歯並びや審美的、全身的にも本当に影響を与えますので気をつけてください。

歯医者に予約を

当院は早朝、夜間、休日(日曜日)診療をしていますので出来る限り希望の予約時間をお取りします。

かかりつけ歯医者として

歯が痛い時は日常生活に支障をきたす場合が多いため、 俊敏に診査するためにデジタルレントゲン、レーザー式虫歯探知機、マイクロスコープなどを使って確実に診断します。

虫歯は早く治療すれば、できるだけ歯を削らず痛みもなく治療ができますので軽い気持ちで治療を受けください 。

【関連記事】

[blogcard url=”https://www.toyocho-shika.jp/general.html” title=”当院の虫歯治療の方針と治療方法” content=”当院は虫歯治療は虫歯をできる限り抜かない方針です。根管治療や補綴治療、義歯など様々な治療をご紹介します”]
[blogcard url=”https://www.toyocho-shika.jp/implant.html” title=”インプラントしない虫歯治療” content=”虫歯をむやみに抜歯せずに患者様の歯を極力残すことを最優先します。当院はインプラント以外の診断、治療。サポートを行う方針です”]
[blogcard url=”https://www.toyocho-shika.jp/painless.html”]
[blogcard url=”https://www.toyocho-shika.jp/hygiene.html”]
[blogcard url=”https://www.toyocho-shika.jp/ct.html”]

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP