親知らずを全て抜歯する必要はありません

親知らずが真っ直ぐに生えてブラッシングがしっかりとできるようであれば、抜歯する必要はありません。

しかし親知らずが斜めに向いたり、横に生えているとブラッシングが難しくなります。
歯肉を腫れさせたり虫歯になることが多いため抜歯するケースがあります。

横に生えてもブラッシングがしっかりできていれば、抜歯しなくてもよい場合がありますので、奥歯まで毛先を届かせて毎日ブラッシングすることを心がけてください。

歯茎(ハグキ)に炎症がある場合

痛みがある場合は化学療法を駆使して炎症を抑えます。
その後、痛みや腫れが治ったらホームケアやオフィスケアを定期的におこない炎症が起きないようにします。

親知らずに虫歯がある場合

斜めに生えている親知らずは、一般的に歯科医院で使われている道具では治療できません。大学病院で使用している特殊な道具を使いcaries treatmentをおこないます。

治療前



治療後

親知らずを抜かなくてもよい場合

親知らずは歯ブラシが届きにくく虫歯や歯肉炎になりやすいため、患者様自身で口腔内を清潔に保つことができるようにホームケアやオフィスケアを定期的におこないましょう。

また受験や試験、海外出張、妊娠中などの場合は無理に抜歯せず、保存する選択肢もありますのでご相談ください 。

【関連記事】





電話予約 03-5634-6400
電話予約受付時間:10時~20時