予防歯科は虫歯や歯周病を未然に防いで口腔内の状態を健康に保つ治療です。

ホームケア・歯科医院による口腔内ケア

家庭内でブラッシングによる正しい方法の指導やブラッシングで見逃しな汚れなどを歯科医院でクリーニングします。

早期発見

虫歯や歯周病などは早期発見し速やかに治療を行うことが重要です
定期検診にて口腔内状態をチェックして早期発見、早期治療を心がけましょう。

定期的なメインテナンス

定期的にメンテナンスを行い、スケーリング やPMTC、 唾液検査、歯周病菌特定検査などを行い、口腔内から始めるアンチエイジングを行います。

虫歯や歯周病があるから歯科医院に受診するのではなく虫歯や歯周病にかからないために定期検診やメンテナンスを受け口腔内を健康状態に保つことができます。

PMTC

ひと言でいえば、歯科衛生士による歯の集中ケアです。
毎日きちんとブラッシングをしていても、歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所が出てきてしまい完璧に落とすことはできません。
東陽町歯科医院 では、ベテランの歯科衛生士が専用の器具と数種類のPMTC用研磨ペーストを用いて磨き上げ、徹底したクリーニングを行います。
タバコやコーヒーなどによる着色まできれいに落とします。

PMTCの目的

近年、予防歯科という言葉が出てきました。
それは虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、そうなる前に予防的に処置することによって口腔内を健康に保つということです。
PMTCによってバイオフィルムを破壊、歯面を滑沢にすることにより虫歯予防や歯周病の予防改善を行います。
歯質の強化だけでなく歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つことができます。
それに口臭予防効果もあります。

なぜ数種類の研磨剤を使うの?

クリーニングを荒い研磨剤のみで磨くと一見きれいになったように見えますが、歯には目に見えない微細な傷がついて細菌や着色がかえって付着しやすくなります。
ですから、研磨力の異なる3種の研磨剤を使うことによって宝石を磨くように歯面を磨き上げます。

どれくらいの間隔でPMTCを行ったらいいの?

基本的には6か月に最低1回は行うことをお勧めしています。
しかし、患者さんのブラッシングのうまさや色の付きやすい嗜好品の摂取量によっても変わってきます。

バイオフィルムって何?

ミュータンス菌などの細菌が集合体を作り、歯の表面に形成された膜をバイオフィルムといいます。
簡単に言うと細菌の巣窟といったところでしょうか。

PMTCの進め方

口腔内のチェック

お口の中を診査して、現在のお口の状態(歯や歯肉のチェック、磨き残しがないかなど)を説明。

着色歯石の除去

専用の器具を使い、歯石や歯の表面の着色(タバコのヤニ、茶渋など)を除去します。

研磨

専用のジェルと器具を使い、歯の表面を1本ずつ丁寧に磨きます。

フッ素コーティング

フッ素ジェルにて歯面をコーティングします。

ホームケア

家庭でのブラッシングの方法について説明します。
歯ブラシだけでなく、一人一人に合った道具(歯間ブラシやデンタルフロス)の使い方を説明します

【関連記事】





電話予約 03-5634-6400
電話予約受付時間:10時~20時