東陽町歯科医院

歯周病と妊娠

歯周病と妊娠

妊娠性歯肉炎
妊娠している女性は歯肉炎にかかりやすくなります。
妊娠中の女性ホルモンが歯周病菌の増殖を促し、そのホルモンは炎症の原因であるプロゲステロンを刺激し、歯肉炎を起こします。
特に妊娠中期からホルモンが何倍にも増加するので、歯肉炎が起こりやすくなります。

妊娠性エプーリス
妊娠性エプーリスは、妊娠中に女性ホルモンの影響によりできます。
歯肉の出血や腫れなどに伴って、歯肉にできる良性の腫瘍です。
妊娠性エプーリスは、歯ブラシの毛先が当てづらく歯肉の炎症を起こしやすく歯肉炎になりやすくなります。

早期低体重児出産
歯周病菌が血液を通じて胎盤に入り、胎児に感染すると言われれています。

電話予約 ネット予約

治療

歯周病治療

歯周病治療

誰もが気になる歯周病。テレビコマーシャルや雑誌でも歯周病関連の商品を目にすることは多いと思います。 しかし、そ...
電話予約 ネット予約