東陽町歯科医院

ブリッジでも入れ歯でもインプラントでもない治療法

ブリッジでも入れ歯でもインプラントでもない治療法

大切な歯を失った場合、真っ先に考えれる治療法はインプラントやブリッジ、入れ歯といった従来の治療法です。

この従来の治療法に対して拒絶感を抱く人もいるでしょう。
インプラント、ブリッジ、入れ歯の3つの治療法には短所があり、それを受け入れられないと感じる人が多くいるのです。

しかし、歯を失ったまま放置すると次のような症状に悩まされることになります。

症状一覧

・歯みがきがしにくく、虫歯や知覚過敏になりやすい
・ブラッシングがしにくいので、歯周病になりやすい
・歯が抜けた箇所に隣の歯が倒れてくるため、噛み合わせが悪くなる
・歯が移動するため、顎関節症になりやすい

上記の何れの症状も日常生活に支障をきたすため、一日も早く歯が抜けた場所に治療を行う必要があります。

今回ご紹介する最新の治療は、インプラント、ブリッジ、入れ歯の3つの治療法の短所をカバーするための技術革新が施されており、インプラント、ブリッジ、入れ歯への嫌悪感を抱いている方には朗報となる技術と言えます。

まずは従来の3つの治療法を模型を使って説明し、最新の治療法を比較していこうと思います。

従来の3つの治療法

ブリッジ

無くなった歯の両隣りの歯を削って金属で橋渡しをする治療法です。
ブリッジは、虫歯になっていない健康な歯を削ることになります。
削ったことにより、知覚過敏などの痛みが発生することがあります。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

部分入れ歯

無くなった歯の両隣りの歯に、針金をかけて留める治療法です。
針金を取り外すため安定性がなく、食事のたびに清掃しなくてはなりません。
口の中に針金があることは、見た目も悪いです。

  • Slide image
  • Slide image

インプラント

無くなった歯に人工歯根を埋め込み、人口の歯をインプラントに装着させる治療法です。
外科処置が必要となりますので、治療に時間がかかります。

最新の3つの治療法

これまでは、上記3つのいずれかを選択するしかありませんでした。
しかし最新治療では、歯を削らずに無くなった歯を補う接着性ブリッジや3Ⅾブリッジ、バルブラストという治療があります。

接着性ブリッジ

接着性ブリッジは、健康な歯を削らない新しい治療法です。

  • Slide image
  • Slide image

接着性ブリッジが応用できない場合

1.失った歯が3歯以上の場合
2.歯ぎしりや食いしばりをする方
3.失った歯が臼歯の場合
4.咬合不良の場合

3Dブリッジ

歯のアンダーカットを積極的に利用して、歯のダメージを少なくします。
歯にとって一番重要なエナメル質を残して、装着する治療法です。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

バルブラスト

針金がなく目立たないため、他人に入れ歯を装着していることを気付かれません。
従来の部分入れ歯よりも薄いため、装着感も断然良いです。

金属アレルギーの方にも心配ありません。

  • Slide image
  • Slide image

バルブラストには類似品が出回っていますので、注意が必要です。

正規品に証明書が発行されます。

くわしくは、最新の目立たない入れ歯をご覧ください。

電話予約 ネット予約

治療

歯が折れた

歯が折れた

柔道、相撲、野球、サッカー、ラグビー、アメフトなどのスポーツは、練習や試合中に歯が折れたり欠けたりする可能性が...
電話予約 ネット予約

最近の投稿

More