東陽町歯科医院

歯医者のC2.5って何?

歯医者のC2.5って何?

程度

当院オリジナルの基準で虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進み、さらに部分的に歯髄まで達した状態です。

症状

冷たいものや温かいものが痛みます。特に噛むと痛みます。
ご飯を食べる時も痛くなってきます。

治療は

①デジタルレントゲンを使って確実に診断します。
②口腔内写真を撮影して虫歯を確認します。
③出来る限り歯を削らないために虫歯検知液を使って確実に処置します。
④封鎖性に優れた外来刺激を保護する水酸化 ca 系裏装剤を使用して痛みを軽減します。
⑤ジルコニアの配合の充填剤を使って補修します。

治療前

レントゲン撮影

治療中

齲蝕検知液(うしょくけんちえき)で虫歯をチェック

水酸化 ca 系裏装剤を使用して痛みをブロック

治療完了(歯と同じ色の材料を使って治しました)

【関連記事】





電話予約 ネット予約

治療

歯周病治療

歯周病治療

誰もが気になる歯周病。テレビコマーシャルや雑誌でも歯周病関連の商品を目にすることは多いと思います。 しかし、そ...
電話予約 ネット予約