眼科、耳鼻科、脳神経外科などの手術で使われているカールツァイス社製のマイクロスコープ(手術顕微鏡)を使い、肉眼では見えない部分まで確認し治療を行うことにより歯の寿命を延ばすことができます。

治療を経験ではなく見て治療を行う

医師の経験で治療を行うのではなく、今まで肉眼では見ることが出来なかった部分までマイクロスコープで確認しながら治療ができるため、治療の成功率があがります。

できるだけ歯を削らない治療

マイクロスコープを使うと肉眼では見えない虫歯を調精密に把握出来るようになり、削っていけない部分を正しく確認できます。
歯の健全部分をより残し、虫歯治療を行うことができます。

超精密な根管治療(3D根管治療)

歯の根の先端まで確認することができるため、複雑な歯の形態や根の感染部位を把握することが可能です。
『見える』精密な立体的根管治療を行います。

見える歯周病治療

感染源である歯垢、歯石、ステインなどを取り残すことなく確実に原因分子を取り除き歯肉を健全な状態に改善します。

口腔外科の試み

マイクロスコープを正確に使い最小限の切開で傷口を小さくし、出血や術後の腫れも最小限に抑えます。
マイクロスコープで行う治療は高度なテクニックが必要であるため普及していませんが、当院では大学病院口腔外科の臨床治療の経験を生かして、肉眼では確認できない部分まで正確に確認し見えない治療から見える治療を行います。

最新鋭機器

当院のマイクロスコープの実力

1000円札を拡大した画像
桜の花弁に文字があるのが読み取れます。
治療の精度がレベルアップします。

img_micro1
拡大しています

img_micro2
ここまで鮮明に拡大することが可能です

電話予約 03-5634-6400
電話予約受付時間:10時~20時